スペインAbengoaグループ向け海水淡水化プラント機器輸出契約調印

三井物産プラントシステム株式会社(本社:東京都港区、社長:先ア尚祐)はスペイン法人Abengoa S.A.の子会社であるUTE Abeima Agadir Iとの間で海水淡水化プラント向け機器パッケージ輸出契約(約22.5百万ユーロ、およそ30億円)を2015年3月10日に調印致しました。

本契約は、UTE Abeima Agadir Iがモロッコ王国・アガディールに建設する同国最大の海水淡水化プラント用の主要機器類を当社が一括納入するものです。東レ株式会社製逆浸透(RO)膜エレメント、株式会社酉島製作所製ポンプ他国内メーカー製品及び多数の海外メーカーの製品を含みます。

本契約には株式会社国際協力銀行とクレディ・アグリコル銀行東京支店(以下「クレディ・アグリコル銀行」)との協調融資によるバイヤーズクレジット(輸出金融)が供与され、クレディ・アグリコル銀行による融資部分には独立行政法人日本貿易保険(NEXI)による貿易代金貸付保険が付保されます。

本件は、当社として2012年のシンガポールHyflux向け案件に続く水分野でのバイヤーズクレジット活用の第2号案件であり、引続き日本の優れた技術・製品の提供を基軸に水問題の解決に向け積極的に取組んで参ります。


プロジェクトの概要(参考)
名称アガディール海水淡水化プロジェクト
所在地モロッコ王国アガディール地区
生産水量100,000m3/日
事業者Société d'Eau Dessalée d'Agadir


お問い合わせ先

三井物産プラントシステム株式会社

TEL03-6218-3000(代表)

弊社ホームページから